2014年4月20日日曜日

4/20 拉致被害者奪還デモ in 大阪【有難うございました】

拉致被害者奪還デモ in 大阪、無事終了しました。
ぐずついた天気の中参加して下さった皆様、本当に有難うございました。

拉致問題に関する活動には、何故か関心の薄い方が多いように感じます。
拉致被害者家族に遠慮があるのか、どこか諦めているのかわかりません。

私は有本恵子さんのご両親の声を聞いて、「とにかく進展して欲しい」と切に願っている事を感じました。
例え諦めている国民が多くとも、拉致問題は今も続いています。
日本人は怒りと悲しみを露わにするのが苦手ですが、怒りと悲しみを露わにしなければ、周りに伝わりません。

拉致問題こそ、周知していくため、政府への圧力にするため、声を大にしていくべきだと思います。





今も北朝鮮に攫われたままの松本京子さん、彼女を攫った工作員の一人は、今も恭子さんのご両親の近所に居住し、ご両親は日々悔しい思いをして生活しておられます。

にも関わらず、外務省は日朝局長級協議で国民の血税400億を渡し、北朝鮮に擦り寄り、日朝国交正常化を推進しようとしています。

外務省が身代金をいくら渡しても、被害者の多くは帰っては来ません。






古屋拉致問題担当大臣に、電話や手紙・FAX・メールで、安易な解決に向かう外務省などの圧力に「負けるな」とアクションを起こしましょう。




以下告知文-----------------






国連の調査委の報告書で、日本人を含む外国人拉致から政治犯の拷問や公開処刑まで、北朝鮮の残虐行為が国際社会で改めて明らかになりました。

国連人権理事会の調査委が、これらを国家による組織的な人権侵害と認定し、「人道に対する罪」と断じた報告書を公表しました。


世界中の誰の目から見ても、拉致問題は解決すべき重要課題です。

にも関わらず、今の日本人はこの問題についてあまりにも無関心です。

でも忘れてはいけないと思います。
国民の声があるからこそ、たった数名の拉致被害者が帰ってきて、これからも国民が声を上げ続ける事で、何百人と北朝鮮に連れ去られたとされる拉致被害者が帰ってくる。


他人の事などどうでもいいという悲しい思想が溢れるこの国で、せめて声を合わせて動きませんか?

日本はお互い様の国、家族の国です。
そしてスパイ天国でもあります。
これは排外主義などではなく、祖国を護るための行動です。

拉致被害の当事者になって初めて気づくようでは遅い。
せめて声を上げましょう。

---------------------------------------------
4月20日(日)

【予定時刻】※警備の関係上変更しました。

デモ…12:30集合 13:00出発

街宣…14:30~


【予定集合場所】

デモ…『新町南』公園集合 大阪市西区新町2-6

地下鉄・長堀緑地鶴見線「西大橋」駅北にすぐ
※新町北ではありませんので、お間違いの無いよう。

街宣…なんば髙島屋前


【主催】
凛風やまと・獅子の会

---------------------------------------------


・゚・*:.。..。.:*・゚゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

●今回幡は日の丸で統一しましょう。

●当日は撮影が入りますので、顔出しNGの方は帽子などのご準備を。

●主催:凛風やまと・獅子の会 http://rinpuu44.blogspot.jp/

●現場責任者:獅子座なお

●お問い合わせ:rinpuu44@gmail.com


・゚・*:.。..。.:*・゚゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚