2014年4月12日土曜日

いわゆる!従軍慰安婦検証展

「いわゆる!従軍慰安婦検証展」

日時:4月12日(土) 10:30~19:00
      13日(日) 10:00~18:00

場所:東大阪市 市民会館 展示室     (近鉄・JR 河内永和駅すぐ) 
http://www.mapion.co.jp/f/cocodene/view.html?token=58a8ce23f05a3deaaaa8d3c96c25ceee

駐車場はありませんので、近鉄またはJRの河内永和駅よりお越しください。



主催:真(まこと)・日本を考える会

協賛:my関西(my日本コミュニティ)、平成・美しい日本を護る会、正しい歴史を伝える会、頑張れ日本!全国行動委員会:京都府本部、頑張れ日本!全国行動委員会:大阪支部、頑張れ日本!全国行動委員会:奈良、頑張れ日本!全国行動委員会:姫路支部、維新政党・新風:京都事務所、救う会 奈良、新聞アイデンティティ、凛風やまと・獅子の会、そよ風、なでしこアクション、日系文化振興会、正しい歴史認識を広める会、やまとの会

12日19:00より同会館3階の大集会室にて「藤井厳喜先生講演会」を開催いたします。
------------------------------

上記のパネル展、協賛団体として応援しております。





日本や韓国の歴史を捻じ曲げる悲しい銅像が建ってしまったアメリカ「グレンデール」。
その姉妹都市である東大阪市で、今信憑性が疑われている「いわゆる従軍慰安婦」について、これを検証するためのパネル展を開催します。

グレンデール市長は「日本から一番嫌われる市になってしまって大変残念」と、東大阪に謝罪の手紙まで送っています。

韓国の若者や一部の韓国人でさえ「パク・クネの反日政策、慰安婦の事などどうでもいいから、自分達の生活を向上させるための政策を行って欲しい」と言っています。

私は韓国政府の言いがかり「従軍慰安婦」について、そんなものは無いとはっきり言う事は、韓国人の為にも必要だと思っています。

ソウル駅前に寝泊まりする9000人のホームレス、反日などどうでもいいと思っている就職難に喘ぐ若者・・・まるで独裁国家、北朝鮮を見ているような気になります。(従軍慰安婦については北朝鮮も言っています)


韓国現役世代に貧困の波 113万人リストラされ再就職率43%


彼ら民には何の罪もなく、韓国政府の独裁政治とも言える政策で、つい最近2009年まで日韓基本条約の内容さえ国民に明らかにしませんでした。

日韓基本条約で日本政府は「個人保証もしますよ」と提案したのに、韓国政府はそれを断り、当時国家予算の2倍もの金をインフラ整備に充ててしまいました。有名な「漢江の奇跡」です。

しかし韓国国民にそのお金は回っていないようで、今も自称慰安婦と名乗るお婆さん達は日本に謝罪と賠償を求めています。

しかしこれは韓国政府が補償するべき問題です。
パク・クネ大統領やこれからの韓国政府はいい加減反日をやめて、本来力を入れるべき自国の民を救う政策をしなければいけないのです。